高透過ガラス

高透過ガラスとは?

高透過ガラスはガラスの製造の際に鉄分の含有量を少なくすることで、ガラス特有の青みをおさえた透明感のあるガラスです。フロート板ガラスよりもクリアで無色透明な色味になっています。

フロートガラスに比べコストが掛かりますが、ハイブランドのショーケースなどで採用されることが多いです。その他にも芸術作品の展示用ガラス、より多くの光を効率よく取り込むために太陽光電池のカバーガラスにも利用されます。ガラスを通しても透明感が高く、対象物本来の色合いや風合いをより忠実に見せることができます。ルーブル美術館のガラスのピラミッドも高透過ガラスが使用されています。

高透過ガラスをもとに作られるミラー「高透過ミラー」もまた、通常の鏡よりも映像がクリアな鏡です。こちらは美容室や化粧品メーカーなど、繊細な色の確認が必要な場所で採用されることが多いです。

ガラス工事を頼みたい方

高透過ガラスはフロートガラス同様、様々な加工が可能です。ご希望の加工がありましたらお問い合わせください。また、高透過ガラスの利用やその他のガラスとの比較等でお悩みの事がありましたら何でもご相談ください。

全国での施工、配送、どちらも承ります。

LINE、メール、お電話にて、お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!