【どれを選んだら良い?】住宅用ガラスフィルムを選ぶ時にチェックしておきたいポイント

2021.1.21

住宅用ガラスフィルムの選び方

部屋が寒いから熱が逃げないようにしたい!台風が近づいてきているので、念のため自分の家の窓ガラスにフィルムを貼って対策したい!といった時にいざ調べてみると気付くのですが、意外と種類が多くてどれを選べばいいのか?どういった基準で選べば良いのか?こういったポイントがかなり困る点になるかと思います。

ガラスフィルムを調べてみたら貼り方、値段、JIS規格のラベルの有無といった違いがあることに気づくと思うのですが、1番大切なのは あなたの部屋の窓に施したい対策にあった製品を選ぶことです。

いくら値段が安く、貼りやすい製品だったとしても、効果の感じられないガラスフィルムを貼っては本末転倒なので、目的にあった製品を選ぶようにしたいですね。

住宅用のガラスフィルムにはたくさんの種類があるというのが何となく分かって貰えたかと思うので、次の項目では目的別にどんな種類のガラスフィルムがあるのか1つ1つ紹介していきます。

目的別にみるおすすめガラスフィルム

ここでは初めてガラスフィルムを選ぶ方でも簡単に目的にあった製品を選べるよう、それぞれのガラスフィルムの特徴を詳しく紹介していきます!どんな種類のガラスフィルムを採用しようか検討中の方は是非参考にしてみて下さい。

ガラスの飛散防止

子どもが室内を走り回っていて、窓にぶつかってしまった、台風の強風で飛ばされてきた物が当たって割れてしまった。
そんな時に何も対策をしていないと破片が飛び散ってしまい自分も含め家族の思わぬケガの原因になってしまうこともあるんですよね。

飛散防止効果のあるガラスフィルムを窓に貼っておくと、万が一ガラスが割れてしまってもガラスの破片をガラスフィルムが接着してくれているため、破片が飛び散ることなく安全に回収することができますよ。
ケガのリスクも避けられて、掃除の手間も省けるのでありがたいですよね。
最近は新しくガラスを入れる際に飛散防止フィルムを貼る注文がとても増えています。

ガラスの防犯性能アップ

「家を空ける時間が多い」「女性の一人暮らし」となると空き巣が心配になりますよね。
住宅用のガラスフィルムの中にはガラスの防犯性能をアップさせる機能を持ったフィルムもあります。
防犯性能を試す厳しい試験をパスし、住宅などの侵入に5分以上耐えられると評価された製品に与えられる「CPマーク」を取得しているガラスフィルムもあり、こちらの種類のフィルムを貼っておくと空き巣がハンマーなどでガラスを割ろうとしても貫通させるまでに時間が掛かる為、犯行を諦めさせる効果があります。

紫外線のカット

夏場は特にそうなんですが、強い日の光が室内に差し込むと、大切な家具を痛める原因になことも。
カーテンを閉めておけば紫外線は遮れますが、どうしても部屋が暗くなってしまうのが難点なんですよね。

そんな場面で役に立つUVカット機能を持ったガラスフィルムもあります。
こちらのタイプのフィルムを貼れば、部屋を明るく保ちつつ、紫外線もカットできるので、家具もいたわることができるうえに、人も過ごしやすい部屋にすることができて、かなり便利なんです。

デザインの変更

長いこと住んでると部屋を模様替えしたい!って思う時があると思うのですが、そんな時に気軽に窓ガラスのデザインを変えられるガラスフィルムもあります。
このタイプのガラスフィルムを使えば、花柄、ドット柄などオシャレな自分好みの柄の窓ガラスに変えることも出来ますよ。

柄が付いているだけではなく、遮光機能やミラーフィルム、外から室内が見えづらいフィルム等、特殊な機能を持ったフィルムもあります。データをプリントすることも可能です。
デザインを変更しつつ機能性もアップできるのもガラスフィルムの良いところですね。

プライバシーを守る

化粧室や浴室にはスリガラスや型板ガラスの様なプライバシーを確保できる視線を遮る効果があるガラスが使われることが多かったですが、近年では、フロートガラスにスリガラス風のシートを貼って代用することが非常に多いです。
スリガラス風のデザインバリエーションもあります。オフィスでの採用率も高いです。

熱のブロック

ガラスフィルムを貼ることで、外からの熱気や、冷気を遮断し、夏場も冬場も快適に過ごすことが可能になるかもしれません。
もちろん、機能ガラスには及びません。
しかしフロートガラス(普通ガラス)から室内の快適な気温が外に逃げている割合は非常に高いため、フィルムを貼るだけでもかなりの違いを実感できるはずです。
賃貸であればそもそも窓ガラスを交換すること自体が難しいですし、持ち家であっても割れたわけでもない窓ガラスを交換するとなると腰が重いかもしれませんが、ガラスフィルムであれば心理的ハードルも少し下がりますよね。

冷暖房の効率を上げてくれるため省エネも期待できます。

迷った時は専門業者

ここまでに6種類の機能を持つフィルムについて紹介させて貰いました。
よし!探して貼ってみようと実際にガラスフィルムを扱っている店舗に足を運ぶと分かるのですが、冒頭でも簡単に触れた通り、ガラスフィルムの貼り方、値段、規格と素人だとパッと選ぶのが難しいくらい種類があるんですよね。

それにいざ購入して自分で貼ってみようと思ったら失敗してしまって、ガラスフィルムを買い直さないといけなくなってしまったというのもよく聞く話。
ガラスフィルム貼りは国家資格も存在する、素人には難しい作業です。

そんな失敗を避けたいという人は、ガラスフィルムの専門業者に、最初から聴いてみましょう。

見積もり・ご相談は下記からお願いいたします