網入りの型板ガラスとは?どんな特徴があるのか詳しく解説します!

2021.1.21

網入り型板ガラスとは

網入り型板ガラスとは

  • ガラスの中に金属製の網を封入した網入りガラス
  • ガラスを通して反対側が見えないプライバシー性の高いタイプの型板ガラス

以上、2種類のガラスの特徴を併せ持つタイプのガラスです。

簡単にお伝えすると2種類のガラスの特徴を合わせたガラスなのですが、実は2つのガラスの特性を合わせたことで、幅広い場所で使えるガラスとなっています。
以下では、それぞれのガラスの特徴を詳しく解説していきます。

網入りガラスの特徴

網入りガラスにはガラスが飛散しにくい、熱に弱い、強化ガラスに加工できないという特徴があります。
1つずつの特性を詳しくお伝えしていきます。

ガラスが飛散しにくい

網入りガラスは中にワイヤーが入っているので、万が一ガラスが割れた場合でも、あまり破片が飛散しません。そのため、後片付けの際にケガをしにくい、片付けがしやすいのも利点です。
また金属製の網により、火の延焼を防いでくれるので防災目的でよく設置されます。

火災が起きた際に1時間以上脱落せずに、火の延焼を防いでくれる、建築基準法の防火設備に関する規定を満たした耐久性の高いタイプのガラスです。

実は熱に弱い

防災目的で使用される網入りガラスですが、実は熱にあまり強くありません。
中に金属製の網が入っているという特性上、ガラスに熱が加わるとガラス部分と網の部分の膨張率の違いが発生します。

太陽光の熱でも毎日のように浴びていると影響があるので、日常的に使用していてもヒビが入る場合もあります。
しかし、火災が発生した際に炎が広がらないように防ぐのはガラスではなく、金属製の網の部分の為、防災の面では全く問題ありません。

強化ガラスには加工できない

先程解説した通り、網入りガラスは熱に弱い特性があります。強化ガラスに加工する際には熱処理が必要になるので元々持っている特性と相性が悪く加工ができません。
合わせて解説しておくと、型板ガラスは製法上、熱を加えて作られるため、加工可能ですが、網入り型板ガラスは網入りガラスの特性があるので、加工できません。

型板ガラスの特徴

型板ガラスには視線を遮ることができる、模様がさまざまでおしゃれという特徴があります。
それぞれの特性を詳しくお伝えしていきます。

視線を遮ることができる

外から見えない場所に使うにはピッタリなガラスです。
同様の特徴を持つガラスとしてすりガラス、フロストガラスがあります。

それぞれ表面、製法に違いがあり費用も変わってきます。

型板ガラス

型模様がデザインされているため、表面が凸凹している。
型板を使って大量に製造することが出来る為、3種類のガラスの中で一番費用が安い。

すりガラス

ガラスの片面をけい砂で擦ってつや消ししたガラスなので表面はザラザラしている。
注文した後に1つずつ製作されることが多く3種類の中でも費用に関しては2番目に高い。

フロストガラス

すりガラスの表面を化学的な処理で滑らかに仕上げたガラス。表面がサラサラしています。
製作時に手間が掛かるのもあり、3種類のガラスの中で一番費用が高いガラスです。

それぞれのガラスで汚れがつきにくい、水が掛かったり、光が当たった時に透けやすいなどの特性があります。
それらの特性に合わせて、間仕切り、浴室、窓用と様々な部分で使用されています。

型板ガラスは光を拡散してプライバシーを守れる特性から、窓、玄関、浴室といったとして身近なところに使われており、3種類の中で費用も一番安いため、よく見かけるタイプのガラスです。

模様がさまざまでおしゃれ

型板に柔らかいガラスを通して大量に製造される型板ガラスなので、手軽に模様を付けることができ、模様の種類も沢山存在しています。

  • 梨地
  • モザイクガラス
  • モールガラス
  • フローラ
  • 石目調
  • アブストラクト

ここの挙げた模様以外にも様々な種類があるため、住宅だけでなく家具、食器棚のガラスとしても使用されています。

また、青、黄色、赤といった色付きのガラスもあるので模様と合わせて考えることで更にオシャレな雰囲気に変えることも可能です。

費用的にも安く、お店や住宅の雰囲気に合わせて選ぶことが出来るのも魅力です。

網入り型板ガラスの活用例

最後の実際に網入り型番ガラスがどういった場所に使用されているのかをご紹介します。
オシャレな飲食店であったり、図書館、病院などの防火性能と外からの視線を遮る必要のあるプライバシー性能が同時に必要な場所に使用されています。

人が多く出入りする場所であればあるほど、雰囲気を良くしたいとデザイン性を考えるのと合わせて、万が一の際に備えるという意味での安全性との両立が不可欠となります。

網入りの型板ガラスであれば、防火性能を保ちつつ、デザイン性もあるので、ガラス交換の際には網入り型板ガラスに交換してみるのはいかがでしょうか?

見積もり・ご相談は下記からお願いいたします